F-キット グリセロール

食品及び一般分析用試薬キット

F-キット グリセロール 製品情報

オーダーインフォメーション

カテゴリ 糖アルコール
製品番号 148 270 製品名 F-キット グリセロール
包装単位 11回×3本 希望価格 価格表ダウンロード
資料ダウンロード

UV テスト

ビール、マジパン、ワインなどの食品、化粧品、医薬品(溶液、座薬など)、紙、ボール紙、煙草、生体試料(血清など)中のグリセロールの測定。

分析物

アルコール発酵の副産物であるグリセロールとその脂肪酸エステル(グリセリド)は普遍的に天然に存在します。グリセロールは高級ワインの成分であり、マジパン、煙草、化粧品の保湿剤として用いられます。

原理(文献1)


特異性

本法はグリセロールに特異的です。ジヒドロキシアセトンはこの条件下では変換されません。

感度と測定限界

測定感度は試料量(v)が2.000mlの時の0.005吸光度に基づいています。これは(340nm)で測定したときの0.1㎎/l(試料溶液)のグリセロール濃度に相当します。0.4㎎/lの測定限界は、最大試料量(v)が2.000m1の時の吸光度変化量0.020に由来します。

直線性

測定の直線性は1μgグリセロール/アッセイ(0.4㎎グリセロール/l試料溶液:v=2.000ml)から40μgグリセロール/アッセイ(0.4gグリセロール/l試料溶液:v=0.100ml)の間にあります。

正確性

一つの試料を二重測定した場合、0.005から0.010の吸光度の違いが起きます。標準偏差値は測定範囲内で約1~3%です。
次のデータが文献9に記載:

標準液 m=0.206g/l r=0.0047g/l R=0.0115g/l
グレープジュース:
白 m=0.613g/l r=0.0138g/l R=0.g337g/l
赤 m=0.907g/l r=0.0251g/l R=0.0511g/l
ワイン:
白 m=6.050g/l r=0.1154g/l R=0.5002g/l
赤 m=16.57g/l r=0.3166g/l R=0.1484g/l
トローチ m=1.482g/100g r=0.0393g/100g R=0.1484g/100g

干渉物/誤差の原因

ATPとホスフォエノールピルビン酸の分解、ならびに空気中の酸素によるNADHの酸化はクリープ反応の原因となります。

キット内容

  1. 3×グリシルグリシンバッファー.pH7.4.約7㎎ NADH.約22㎎ ATP.約11㎎ PEP
  2. 約240U PK.約220U LDH
  3. 約34U GK
  4. 測定のコントロール用グリセロール標準液
    (結果の計算には測定の必要はありません。)

試料調製の一般的情報

  • 透明で、無色の実際的に中性の液体試料を直接、あるいは希釈後液量2.000mlまで使用してださい。
  • 濁った溶液はろ過してください。
  • 二酸化炭素を含む試料は脱気(ろ過などで)してください。
  • 酸性試料はNaOHやKOHでpHを約8に調整してください。
  • 強く色のついた試料を希釈せず、多い液量で用いる場合は、ポリビニルポリピロリドン(PVPP)やポリアミンで処理してください。
  • 固形、半固形試料は砕くか、ホモジナイズし、水で抽出するか溶解してください。
  • 蛋白質を含む試料はCarrez試薬で除蛋白してください。
  • 脂肪を含む試料は温水で抽出してください。

参考文献

  1. Kreutz. F.H. (1962). Enzymatische Glycerinbestimmung, KIin. Wochenschrift 40, 362-363
  2. Amtliche Sammlung von Untersuchungsverfahren nach §35 LMBG; Untersuchung von Bedarfsgegenständen: Allgemeine Hinweise zur Untersuchung von Papieren, Kartons und Pappen für Lebensmittelverpackungen, B 80.56 / Juni 1985 (gem. Empfehlung XXXVI der Kunst- stoffkommission des Bundesgesundheitsamtes (1979)
  3. Arbeitsgemeinschaft der Landw. Versuchsanstalten in Österreich (ALVA), Methodenbuch für Weinanalysen in Österreich (1980)
  4. Gombocz, E., Heliwig, E., Vojir, F. & Petuely, F. (1981) Deutsche Lebensmittel-Rundschau 77, 8
  5. Mitteleuropäische Brautechnische Analysenkommission (MEBAK), Brautechnische Analysenmethoden, vol. III, pp. 553-556 (1982)
  6. Schweizerisches Lebensmittelbuch, Kapitel 61 B (Enzymatische Bestimmungen) /2.2 (1985), Kapitel 30 (Wein) /40 (1967), Kapitel 30A (Wein) /40 (1973)
  7. Recueil des méthodes internationales d'analyse des vins et des moûts, Complément n0 1 à l'édition officielle de juin 1990., Office International de la Vigne et du Vin (OIV), pp. 149-151
  8. Wagner, K. & Kreutzer, P. (1978) Beitrag zur Glycerin- bestimmung in Wein, Likörwein und weinhaltigen Getränken, Die Weinwissenschaft 33, 109-113. ("... The enzymatic determination of glycerol is suitable as a reference method in all cases of complaints and arbitration.")
  9. Walter, E. & Kohler, P. (1985) Ringversuch für die enzymatische Bestimmung von Glycerin, Z.Lebensm. Unters. Forsch, 180, 121-125
  10. Pfandl, A. & Menschig, D. (1984) Ein Beitrag zur enzymatischer Glycerin- und Ethanolbestimmung, Pharm. Ind. 46, 403-407
  11. Klopper, W. J., Angelino, S.A.G.R., Tuning, B.& Vermeire, H.A. (1986) Organic acids and glycerol in beer, J. Inst. Brew. 92, 225-228

※本法は、ドイツおよびスイスの食品法に収載され
  ており、ALVA、MEBAK、OIV により推奨されています。