F-キット 酢酸

食品及び一般分析用試薬キット

F-キット 酢酸 製品情報

オーダーインフォメーション

カテゴリ 有機酸
製品番号 148 261 製品名 F-キット 酢酸
包装単位 11回×3本 希望価格 価格表ダウンロード
資料ダウンロード

UV テスト

ビール、ワイン、酢、果実、野莱、肉、乳製品、ピクルスなどの食品、紙、段ボール、医薬品(輸液、アセチルサルチル酸の処方等)及び生体試料(血清等)中の酢酸の測定。

分析物

酢酸は重要な代謝の分析物で、発酵の最終産物であり、アセトアルデヒドやエタノールの酸化産物です。

原理(文献1)


特異性

この方法は酢酸に特異的です。

感度と測定限界

測定感度は試料量(v)が2.000mlの時の0.005吸光度に基づいています。これは340nmで測定した際の約0.1mg/l(試料溶液)の酢酸濃度に相当します。

0.15mg/lの測定限界は、最大試料量(v)が2.000mlの吸光度変化量0.010(340nm)に由来します。

直線性

測定の直線性は0.3μg酢酸/アッセイ(0.15mg酢酸/l試料溶液:v=2.000ml)から30μg酢酸/アッセイ(0.3g酢酸/l試料溶液:v=0.100ml)の間にあります。

正確性

一つの試料を二重測定した場合、0.005から0.010の吸光度の違いが起きます。
標準偏差値は測定範囲内で1~3%です。

細挽ポークソーセージの分析(文献2):

x=:0.3g/100g r=0.017g/100g S(r)=±0.006g/100g
R=0.023g/100g S(R)=±0.008g/100g

トマトケチャップの分析(文献2)

r=0.05g/100g S(r)=±0.02g/100g
R=0.07g/100g S(R)=±0.02g/100g

パンの分析(文献2):

x=131.89㎎/100g r=7.53㎎/100g S(r)=±2.66g/100g
R=21.12mg/100g S(R)±7.46mg/100g
x=204.55㎎/100g r=7.41㎎/100g S(r)=±2.62g/100g
R=19.35mg/100g S(R)=±6.84mg/100g

干渉物/誤差の原因

反応条件下で酢酸エステルはゆっくりと分解されます。
こうして形成される酢酸は試料依存的クリープ反応を引き起こします。

キット内容

  1. TEAバッファー. pH8.4.L-リンゴ酸
  2. 約175mg ATP. 約18mg CoA. 約86mgNAD
  3. 約1100U MDH. 約270U CS
  4. 3×ACS. 各約5U
  5. 測定のコントロール用酢酸標準液
    (結果の計算には測定の必要はありません。)

試料調製の一般的情報

  • 透明で、無色の実際的に中性の液体試料を直接、あるいは希釈後液量2.000mlまで使用してください。
  • 濁った溶液はろ過してください。
  • 二酸化炭素を含む試料は脱気(ろ過などで)してください。
  • 酸性試料はNaOHやKOHでpHを8から9に調整してください。
  • 酸性で軽く色のついた試料はpHを8から9に調整し、約15分間インキュべートしてください。
  • 強く色のついた試料を希釈せず、多い液量で用いる場合は、活性炭やポリビニルポリピロリドン(PVPP)で処理してください。
  • 固形、半固形試料は砕くか、ホモジナイズし、水で抽出するか溶解してください。
  • 蛋白質を含む試料は過塩素酸、あるいはCarrez試薬で除蛋白してください。
  • 脂肪を含む試料は温水で抽出してください。

参考文献

  1. Beutler, H.-O. (1984) in Methods of Enzymatic Anaysis (Bergmeyer, H.U., ed.) 3rd ed., vol. VI, pp. 639-645, Verlag Chemie, Weinheim, Deerfield Beach/Florida, Basel
  2. Amtliche Sammlung von Untersuchungsverfahren nach §35 LMBG; Untersuchug von Lebensmitteln: Bestimmung von Essigsäure (Acetat) in Fleisch-Erzeugnissen (L 07.00-14 /Nov. 1981); Bestimmung von Essigsäure in Tomatenketchup und vergleichbaren Erzeugnissen, L52.01.01 - 16 (November 1981); Bestimmung von Essigsäure (Acetat) in Brot einschliesslich Kleingebäck aus Brotteigen, (L 17.00-16 /Juni 1990)
  3. Gombocz, E., Hellwig, E., Vojir, F. & Petuely, F. (1981) Deutsche Lebensmittel-Rundschau 77, 13-14.
  4. Mitteleuropäische Brautechnische Analysenkommission (MEBAK), Brautechnische Analysenmethoden, vol. III, pp.568-572 (1982)
  5. Niederlande: Warenwet, Uitvoeringsvoorschriften (CⅡ-6), Regeling Onderzoekingsmethoden voor brood; Methode 16: De Bepaling van Calciumacetat (Okt. 1986); Dit voorschrift betrijft een methode voor de bepaling van calciumacetat in het in brood verwerkte meel.
  6. DIN EN ISO 11 213 Modified Starch-Determination of acetyl content - Enzymatic method (ISO 11 213: 1995): German Version EN ISO 11 213: 1995
  7. Europäische Norm/European Standard EN ISO 11213 (April 1995) Modified Starch - Determination of Acetyl Content, Enzymatic Method
  8. International Federation of Fruit Juice Producers (IFU, Methods of Analysis, no. 66 - 1996
  9. Deutsche Norm DIN 10370 (Juni 1998) Material zur Her- stellung von Umhüllung für Zigarettenfilter, Zigaretten und andere Tabakerzeugnisse; Bestimmung des Acetatgehaltes
  10. Deutsche Norm DIN 12632 (April 1999) Frucht- und Gemüse- säfte: Enzymatische Bsestimmung des Gehaltes an Essigsäure (Acetat)
  11. Europäische Norm/European Standard EN 12632 (April 1999) Fruit and vegetable juices – Enzymatic determination of acetic acid (acetate) content
  12. Junge, Ch. & Spadinger, Ch. (1979) Die flüchitgen Säuren des Weines, Deutsche Lebensmittel-Rundschau, 75, 12-15
  13. Klopper, W.J., Angelino, S.A.G.R., Tuning, B. & Vermeire, H. A. (1986) Organic acids and glycerol in beer, J. Inst. Brew. 92, 225-228

※本測定法は、ドイツおよびオランダの食品法に収載
  されており、IFU、MEBAK により推奨されております。
  また、DIN、EN、ISOで標準測定法として規定
  されています。