E-キット D-グルコン酸・D-グルコノラクトン

食品分析及び一般分析用試薬キット
用手法キット [ スタンダード別売、エコノミーキットと改良キット ]

E-キット D-グルコン酸・D-グルコノラクトン 製品情報

オーダーインフォメーション

カテゴリ 有機酸
製品番号 E1223 製品名 E-キット D-グルコン酸・D-グルコノラクトン
ENZYTEC D-Gluconic acid D-Glucono-δ-lactone acid
包装単位 32回 測定用 希望価格 価格表ダウンロード
測定法 UV法 保存方法 要2~8℃保存
資料ダウンロード

はじめに

本法は、ドイツ、およびスイスの食品法に収載されており、ALVAにより推奨され、DIN、ISO、GOSTにより承認済みです。

測定原理


装置条件

波長:340nm(NADPH)ε=6.31×mmol-1×cm-1
光路長:1.00cm(ガラスまたはプラスティック・キュベット)
温度:室温(+20℃~)
終量(反応液量):3.040ml
測定対照:水
試料溶液:0.100~2.000ml試料溶液中1~120μgD-グルコン酸/D-グルコノ-δ-ラクトンを含有

試薬

1.トリエタノールアミン バッファー pH約7.6、80mgの
   NADP、190mgのATP、および硫酸マグネシウム(
   安定性は包装ラベルを参照)からなる混合粉末を
   含有しています。内容物を31mlの蒸留水に
   溶解してそのまま使用します。
   溶液は4℃保存で1ヶ月間、-20℃保存では
   2ヶ月間安定です。

#2.約0.7mlの6PG-DH懸濁液(約160U)
   (硫酸アンモニウム液)
   (安全性は包装ラベルを参照)
   を含有しています。懸濁液をそのまま使用します。
   懸濁液をピペットで秤取する前にビンを
   注意深くゆっくり回転させ内容物を均一に
   分散させます。

#3.約0.7mlのGK懸濁液(約18U)
   (硫酸アンモニウム液)
   (安定性は包装ラベル参照)
   を含有しています。懸濁液をそのまま使用します。
   懸濁液をピペットで秤取する前にビンを
   注意深くゆっくり回転させ内容物を均一に
   分散させます。

追加(キット中には含まれません)

測定試験のコントロールとして、D-グルコン酸ナトリウム、あるいはグルコン酸カリウムのグルコン酸として0.6g/lの標準液を使用します。

D-グルコン酸/D-グルクロノ-δ-ラクトンの測定用試薬類はすべて、人に無害です。化学実験室における作業用一般安全性規則に準拠して、使用後は実験室廃棄物として処理できます。包装材料はリサイクルできます。

特長

  1. 特異性:
    D-グルコン酸に特異的(D-グルクロノ-δ-ラクトンは測定条件では50分以内に加水分化されD-グルコン酸に変換される)です。市販のD-グルコン酸塩を測定した場合の含有量は、グルコン酸塩が遊離のグルコン酸を含む場合は100%以上の結果が期待されます。結果は相当する塩の分子量を使って計算します。
  2. 感度:
    0.25mg/l(ΔA=0.005;v=2.000ml;V=3.040ml)
  3. 検出限度:
    0.5mg/l(ΔA=0.010;v=2.000ml;V=3.040ml)
  4. 直線性:
    1μg/測定(v=2.000ml;V=3.040ml)~120μg/測定(v=0.100ml;V=3.040ml)
  5. 精度:
     ΔA=±0.005~0.010吸収単位(Abs.)
     CV=約1~2%
    加熱ポークソーセージ(最も細かくミンチした):
     r=0.12 g/100gs(r)=±0.004 g/100g
     R=0.014 g/100gs(R)=±0.005 g/100g
    ミルク:
     x=0.362 g/100g r=0.02 g/100gR=0.08 g/100g
    フェタチーズ:
     x=2.57 g/100gr=0.15 g/100g R=0.26 g/100g

参考文献

  1. Mollering, H. & Bergmeyer, H.U.(1967)Enzymatische BestimmungvonD-Gluconsaure in Lebensmitteln, Z.Lebensm.Unters.Forsch. 135, 198-204