F-キット D-イソクエン酸

食品及び一般分析用試薬キット

F-キット D-イソクエン酸 製品情報

オーダーインフォメーション

カテゴリ 有機酸
製品番号 414 433 製品名 F-キット D-イソクエン酸
包装単位 33回 希望価格 価格表ダウンロード
資料ダウンロード

UV テスト

フルーツジュース、果汁飲料、その他果物製品などの食品並びに生体試料(尿など)中のD-イソクエン酸の測定。

分析物

D-イソクエン酸はクエン酸回路の一部であり、全ての動物、植物に存在します。その量は通常低いものです。

D-イソクエン酸の測定は、フルーツジュースにおいて不法な添加剤(混ぜ物)の検出にその重要性が増してきています。

原理(1)


特異性

本法はD-イソクエン酸に特異的です。

感度と測定限界

測定感度は試料量(v)が2.000mlの時の0.005吸光度に基づいています。これは(340nm)で測定したときの0.25mg/l(試料溶液)のD-イソクエン酸濃度に相当します。

1mg/lの測定限界は、最大試科量(v)が2.000mlの時の吸光度変化量0.020に由来します。

直線性

測走の直線性は2μg D-イソクエン酸/アッセイ(1㎎ D-イソクエン/l試料溶液:v=2.000ml)から100μg D-イソクエン酸/アッセイ(1g D-イソクエン酸/l試料溶液:v=0.100ml)の間にあります。

正確性

一つの試料を二重測定した場合、0.005から0.010の吸光度の違いが起きます。標準偏差値は測定範囲内で約1~2%です。

フルーツジュースの分析(5):

r=2.5mg/l S(r)=±0.8944mg/l
R=4.4mg/l S(R)=±1.5665mg/l

干渉物/誤差の原因

重金属イオンは濁りの原因となり反応に干渉します。高濃度の亜硫酸はクリープ反応を引き起こします。

キット内容

  1. イミダゾールバッファー.pH 7.1
  2. 約45mg NADP
  3. 約5U ICDH

試料調製の一般的情報

  • 透明で、無色の実際的に中性の液体試料を直接、あるいは希釈後液量2.000mlまで使用してださい。
  • 二酸化炭素を含む試科は脱気(ろ過などで)してください。
  • 濁った溶液はろ過してください。
  • 酸性試科はNaOHやKOHでpHを約7~7.5に調整してください。
  • 弱酸性で軽く色のついた試科はpHを7~7.5に調整し、約15分問インキュべートしてください。
  • 色のついた試料は(もし必要ならpHを7~7.5に調整して)、試料ブランクに対して測定してください。
  • 強く色のついた試料を希釈せず、多い液量で用いる場合は、ポリビニルポリピロリドン(PVPP)やベントナイトで処理してください。
  • 固形、半固形試料は砕くか、ホモジナイズし、水で抽出するか溶解してください。
  • 脂肪を含む試料は温水で抽出してください。

参考文献

  1. Siebert, F. (1974) in Methods of Enzymatic Analysis (Bergmeyer, H.U., ed.) 2nd ed., vol. 3, pp. 1570-1573, Verlag Chemie, Weinheim/Academic Press Inc., New York and London
  2. Norme Française Homologuée, Jus de Fruits et Jus de Légumes. Détermination de la Teneur en Acides Carboxyliques (L-malique, tartique, citrique, et isocitrique), NF V 76-104 (Oktober 1980)
  3. Schweizerisches Lebensmittelbuch, Kapitel 61 B (Enzymatische Bestimmungen) /3.2. (1981), Kapitel 28A (Frucht- und Gemüsesäfte u.a.) /7.6 (1988)
  4. Gombocz, E., Hellwig, E., Vojir, F. & Petuely, F. (1981) Deutsche Lebensmittel-Rundschau 77, 5
  5. Amtliche Sammlung von Untersuchungsverfahren nach §35 LMBG; Untersuchung von Lebensmitteln: Bestimmung von D-Isocitronensäure in Fruchtsäften (L 31.00-9/ November 1983)
  6. Nederlandse Norm NEN 2844, le druk. maart 1984: Vruchtesappen Bepaling van het totale D-isocitronen- zuurgehalte: Enzymatische methode (Fruit Juices - Determination of the total D-isocitric acid content - Enzymatic method)
  7. Intl. Federation of Fruit Juice Producers (IFU. Methods of Analysis, 54, 1984)
  8. RSK-Values, The Complete Manual, Guide Values and Ranges of Specific Numbers for Fruit Juices and Nectars, Including the Revised Methods of Analysis (1987), 1st ed., Verlag Flüssiges Obst/Liqiud Fruit, D-56370 Eschborn, pp. 103-106
  9. Boletin Oficial del Estado (BOE), num. 31 de fecha Viernes 5 febrero de 1988, Orden Ministerial del Enero de 1988
  10. DIN EN 1 139 Frucht- und Gemüsesäfte, Enzymatische Bestimmung des Gehaltes an D-Isocitronensäure: Spektralphotometrische Bestimmung von NADPH (1994)
  11. Europäische Norm/European Standard EN 1139 (Dec. 1994) Fruit and vegetable juices - Enzymatic determination of D-isocitric acid content
  12. Standard of the Russian Federation/Gosstandart Rossii R 51128-98 (1998) Fruit and vegetable juices. Method for determination of D-isocitric acid